無料見積で高額買取業者を比較しよう
2017.03.29

腕時計をつけている男性の手店頭買取、出張買取の他に宅配買取というのもあります。言い方は多少違っても、品物を買取店に送るというやり方です。これも出かける必要がなく、時間の制約も少なくて、楽です。自宅が東京でも岐阜でも条件が同じなので便利です。ただ、いくらになるのかがやはり気になるところです。
いくらになるのか、あらかじめホームページに買取金額の例を出しているところも多いです。代表的なブランドの定番モデルなら、自分が売りたいと思っている品物そのものが出ている事もあるでしょう。店によって同じモデルでもけっこう金額が違ったり、こんなに高く買い取ってくれるのかと意外なぐらいに高い値段が提示されている事もあると思います。ブランド品は状態によって査定額が変わるので、店としては新品や新品同様ならこの値段で買うというように、ある程度、高めの値段が提示されているのは一般的な事です。ただ、この「ある程度」が店によって異なります。良心的に実際に自分の店でこのぐらいで買い取る事が多いという値段を提示している店から、完全な新品ならこの金額で買い取るという値段を提示している店、新品でもその値段で買い取る事はないという金額を提示している店まであります。事情は、悪意があるわけではなく、相場が変わったのにサイトの更新がされておらず現在はこの金額ではない、あるいは元々サイト制作者と査定者とが乖離していてズレているという事もあります。一つの店でも査定スタッフとサイト制作側に距離がある事も多いです。
自分の売りたい品物の査定額の見当がつかない時は、問い合わせてみましょう。見積もりをしているところならたいていどこでも無料です。サイトに専用の見積もりフォームのあるところも多いです。サイトで買取の例を見るよりも見積もりを出す方が一歩踏み込んで比較がしやすくなります。見積もりは無料なのでなるべく多くの店に出した方がいいです。この際、実際よりも、よく伝えてもいい事はありません。具体的なキズの状態や付属品の有無、どこでいつ購入したか、など。定番のモデルなら慣れた店ならすぐに見当がつくでしょう。マイナーなモデルだと型番がわかれば型番、商品名がわかれば商品名、いくらで購入したかなども一つのヒントになります。電話だと微妙なニュアンスを伝えられるというメリットがあり、メールやラインだと画像を見せられるというメリットもあります。答えが出ない事もあると思います。実際の品物を見ないとわかりませんと答えられる事もあるでしょう。実際の品物を見ないとわからないというのは、定番でその一点張りだと多少物足りなさを感じますが、ややマイナーなモデルだとその店の実力が低いわけではなく慎重なだけの可能性もあります。
自分の品物の見積もり金額が出ない場合、代わりに定番のモデルを聞いて見当をつけるやり方もあります。例えば、ルイヴィトンのダミエの定番のネヴァーフルMM、今日ルイヴィトンのショップで買ってきた新品なんだけど、これはいくらになりますかとか。これで店の雰囲気が少しわかると思います。なお、これはあくまでも店の雰囲気を知るためのやり方で、すべての品物の高い安いがわかるわけではありません。ルイヴィトンの新品は高いがその他は安い店もあるし、その逆もあります。たくさん無料見積もりを出せば出すほど、直接の金額以外でも信用できそうな店とそうでない店がわかってくるでしょう。

▲ ページトップへ