ブランド品買取査定の基礎知識
2017.03.29

ファスナーブランド品を買取に出す場合、買取店や慣れた人なら常識のように知っているいくつかの基礎知識があります。まず基本の基本。そもそも「買取=かいとり」という言葉。これは質屋や買取店側が「買う」事なので一般の人が品物を「売る」場合はこの「買取」をやっている店を選びます。何を当然の事を言っているのかと思われる方もいるでしょうが、「買取」をしていそうでしていない店があるんです。それは一部の質屋です。そもそも質屋は品物を預けてお金を借りる「質預かり」という業務の店です。近年は多くの質屋が買取をしているので質屋とは品物を買い取る店だと思われている方も多いでしょうが本来は違います。今でも一部の質屋は質預かりだけで買取をしていません。次に品物を売る場合は身分証明書が必要になります。また18歳以上の人でないと品物は売れません。未成年だと保護者の同意がなければ買取はしない店も多いです。品物と身分証明書があれば成人の方なら買取をしているお店に行けば基本的にその場で買取は可能です。
そして、「ブランド品」と一言で言っても何が売れるのか。これは実は買取店によって多少異なります。漠然と、いわゆる「ブランドもの」=有名なブランドの商品という認識は誰にでもあると思いますが、ルイヴィトンのバッグならたぶん大丈夫、シャネルの財布も売れるだろう、グッチの携帯ストラップはどうだろう、友だちからもらったティファニーのネックレスはどうだろう、かなり使い込んでキズも多いし、そもそも本物とかニセモノとかわかっていないんだけど、とそれぞれの品物について疑問があると思います。これらの個別のケースについてはそれぞれの店によって対応が異なってきます。売る側としては、まず店に行くか、直接品物を送るかして、いろいろな店を比較してみるしかありません。
次に品物を売る場合、いくらになるのか、なるべく高く売るにはどうすればいいのか、が気になると思います。まず品物は新品に近い方が査定は高くなります。言い換えれば、状態のいい物。買取店が一般の人から品物を買い取った後、その品物はどうなるのかというと、途中の経過はいろいろですが基本的にはまた別の人に売るわけです。言い換えれば、他の誰かが高く買いそうな物ほど、高く売れるわけです。そのためには最初に売る時から品物をできるだけ完全な状態に近づけた方がいいわけです。最初にあった付属品はなるべくそろえましょう。バッグのショルダーストラップや鍵、腕時計の外したコマ、保証書など。ついてしまったキズはしかたありませんが、汚れはできればきれいにした方がいいです。査定する人がきれいだなと思えば、その分、印象がよくなります。そして新品に近いとは、文字通り、新しい物という事でもあります。これは使用状態ではなく製造されてからの年式の事です。基本的に新しい物は高く、古くなると安くなるという傾向があります。使っていないブランド品は早めに優良店に買取に出す事をおすすめします。

▲ ページトップへ